春 の 七 草

 

 春の七草とは

 春の七草全部の写真「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ 七草」と古くから歌われてきた春の七草です。

     向かって右から、せり、なずな、ほとけのざ、ごぎょう、すずな、すずしろ。  まわりは はこべらです。

 

 春の七草の由来

 1月7日の朝に七草粥を食べる風習があります。平安時代からこの習慣があったようです。平安時代に書かれた清少納言の「枕草子」には、”七日の若菜、六日、人の持て来……”という一文があります。正月6日から7日にかけての行事で6日の夜はヒイラギなどの刺のある木の枝や、蟹のはさみのようなとがったものを戸口にはさんで邪霊を払い、七草叩きといって、唱えごとをしながら七草を包丁でたたき、粥を炊き込みます。7日の朝、歳神に供えてから家族で食べると万病を払うとされていました。正月のごちそうで弱り気味の胃を休めるという知恵から始まったという説もあります。(樋口清之監修『日本人の「言い伝え」ものしり辞典』)より

 

 現在の七草は薬膳料理の傑作

 春の七草は、それぞれの薬効成分やビタミン類など体にとても良く、日本人の知恵が生んだ薬膳料理といえるでしょう。家族の健康のためにも末永く伝えていきたい行事です。

 最近ではスーパーでも七草セットが売られています。無理に七草全部でなくても、その中のいつでも手に入るダイコン、カブ、セリなどでも良いのではないでしょうか。


    @ <せりーセリ(セリ科)>

 セリの写真水田、沼、小川、など水のあるところや湿地に生えます。せりあって生えることからセリと言われるようになりました。水ぜり、田ぜりの二種類あり、多年草です。夏に小さな白い花が集まってつきます。特有の強い香りが食欲をそそります。食料品店では年中見られます。

からだにいいんだよ
ビタミンA、B2、カルシウム、鉄分が豊富で、健胃、整腸、目の充血、めまい、頭痛などの症状に効果が期待されます。

 ーこぼれ話ー

 毒ゼリに注意

セリによく似た毒ゼリは猛毒植物です。その特徴は

@草丈が50センチ〜1メートルくらいになり、A茎は丸く中空で、B根が太くて緑色で節があってタケノコ状。

 

 

 


    A <なずなーナズナ(アブラナ科)>

ナズナの写真 畑や道端、土手、荒れ地など日当たりの良いところに生える二年草です。冬の間は葉が地面にへばりつくように広がっています。春に茎が立ち始め、白い十字形の花をつけます。花の咲いた後の実が逆三角形で三味線のバチに似ていることからぺんぺん草とも呼ばれています。

★からだにいいんだよ★
タンパク質、ビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄などが豊富で、高血圧防止、利尿、解熱に効果が期待されます。

 ーこぼれ話ー

 七草がゆとナズナ

 江戸時代の「七草囃子」には「なな草ナズナ、唐土の鳥が日本の土地へ渡らぬ先に」と唱えながら、拍子を取ってナズナを刻んだ。とあります。江戸時代には正月の七草のときだけでなく普段の食事にも利用されていたそうです。

 松尾芭蕉の俳句

       よく見れば なずな花咲く 垣根かな


    B <ごぎょうーハハコグサ(キク科)>

ハハコグサの写真 道端や荒れ地、田畑のあぜなど、日当たりの良いところにかたまって生える二年草です。草全体が白い毛におおわれており、厚ぼったく、茎は根元から株のようになっています。春黄色の小さな花を茎の先にたくさんつけます。

★からだにいいんだよ★
タンパク質、ミネラルが豊富で、咳、痰、かぜの予防に効果が期待されます。

 ーこぼれ話ー

  草餅とハハコグサ

 平安の昔、3月3日に母と子の人形を作ってお払いをすることが流行しました。この人形は母と子の手で川に流されましたが、室町時代には人形を家の中に飾る「ひな祭り」に変わったといいます。その人形がごぎょう(御形)であり、母と子の人形なので、「ははこ」。主役は幼児なので「ほうこ」(這う子)とも言いました。人形に供える餅の中に入れる草であるオギョウ、ハハコ、ホウコは、このハハコグサだったのです。古い時代の草餅はハハコグサを用いていました。

 今でも地方によっては「ホウコモチ」と言ってこのハハコグサで草もちを作っているところがあるようです。

 江戸時代に新井白石がヨモギを草餅に用いる風習を朝鮮から伝えて以来、現在ではヨモギを入れることが一般的になりました。


  C <はこべらーハコベ(ナデシコ科)>

 ハコベの写真 小鳥が好んで食べるのでヒヨコ草ともいう。春から夏にかけてはびこります。早春の頃、先に小さな白色の花をつける二年草ですが、冬にも花を付けていることがあります。人の生活する集落の空き地や道端に多く、人家のないところにはほとんど見られません。

★からだにいいんだよ★
タンパク質、鉄分が豊富で、胃炎、胃弱、催乳効果が期待できます。

 

   ーこぼれ話ー

  島崎藤村の「千曲川旅情の歌」の一節に出てくる”はこべ” 

  小諸(こもろ)なる 古城のほとり 雲白く 遊子(ゆうし)悲しむ

  緑なす はこべは萌えず 若草も 藉(し)くによしなし

 

 


   D <ほとけのざーコオニタビラコ(キク科)>

コオニタビラコの写真 田平子(たびらこ)と書きます。冬、水田などの土にへばりつくように葉を広げている二年草です。高さは10センチくらいになり、3〜5月に直径1センチ程の黄色の花をつけます。最近は田んぼにもあまり見かけなくなりました。

★からだにいいんだよ★
抗酸化物質が含まれていて、筋肉痛、打撲などに効果が期待できます。

 

 

 

 

 

ホトケノザの写真   ーこぼれ話ー

  本当の「ほとけのざ」は左の写真

 ホトケノザはシソ科で、コオニタビラコとは全く別のものです。人里に普通に見られる二年草です。高さは10〜30センチ位、上部の葉の脇に紅紫色の唇形の花をつけます。対生する葉を蓮座にみたてて、仏の座(ホトケノザ)と名前がつけられました。
1月というのにもうこんなに花が咲いていました。

 

 

 

 


    E <すずなーカブ(アブラナ科)

カブの写真 なじみの野菜。ジアスターゼを豊富に含んでいて、消化によい。

古来から盛んに栽培されてきた主要な野菜の一つ。

★からだにいいんだよ★
ビタミンC、カロテンなどが含まれていて、整腸、解熱に効果が期待されます。

 

 

 

 

 

 

 


  F <すずしろーダイコン(アブラナ科)

ダイコンの写真 おなじみの野菜です。大根おろしの辛みは、辛み成分アリルイソチオシアネート(芥子油)によるものであるが、大根をすりおろしたり切ることで、細胞が壊れることによって生成される。昔から「大根おろしに医者いらず」との格言があるようにからだにとってもいい。

★からだにいいんだよ★
ビタミンCと消化に良いジアスターゼを含んでいるもっともポピュラーな野菜。さらに、消化促進だけでなく辛味成分で抗酸化物質のメチルメルカプタンやイソチオシアネートが含まれているので、ガン予防にもなる。葉にはカロテン、ビタミンCやE、カルシウムなどが豊富に含まれている。

 

 

 

 

 

 

 

 トップページへ 戻る