本文へスキップ

「静けさと安らぎが感じられる美術館」美術館あーとあい・きさ

○○○○○○○○○○○○○○○美術館あーとあい・きさ

美術館あーとあい・きさのホームページへようこそ。
 美術館あーとあい・きさは、「静けさと安らぎが感じられる美術館」として定評があります。それは、まるでふるさとの山々の風景を描いた奥田元宋の大作《翠巒》が醸しだす「幽玄と静謐」の雰囲気をそのまま映し出しているようです。特別展示室には、元宋の初期作品、人間・奥田元宋の実相に迫る貴重な資料、また夫人・奥田小由女の人形作品《春耀》を展示しています。
 また、中央・地方画壇で活躍する作家の展覧会や、児童生徒を対象とした作品のほか、所蔵の作品を随時展示し、「キラリと光る美術館」として、みなさんの来館をお待ちしています。

企画展(美術館あーとあい・きさ)

 次回企画展について

 「園児・児童・生徒作品展」1月14日(木)~2月28日(日)

 画像をクリック
内   容 吉舎町内の保育所に通う園児から小・中・高校生の皆さんが、
授業などで作成した絵画を中心に書や造形写真、手芸など
多様な作品を紹介します。

 第16回広島日展会 総合 小品展12月20日(日)まで

 画像をクリック
 国内最大の総合美術展・日で活躍される広島県作家
約60 名の近作を紹介する総合小品展で。日本画・洋
画・彫刻工芸美術書の 5科にわたる幅広いジャンル
の最新作を一堂に楽しめる展覧会となっています



 終了した企画展について
 桜田知文作品展一心のままに一
     11月8日(日)まで

 画像をクリック
桜田知文作品展一心のままに一
 日展作家桜田知文が「鋳造」という技法に出会って40年目の今年。
そんな節目の年に、これまで辿ってきた作家人生のその時、その場で
感じたことや思いを「こころのままに」表現した作品約30点を展示し、
工芸の魅力を広く紹介します。
 と  き 11月8日(日)まで

 終了した企画展
 作品展「RartS exhibition2020」
 2020.7.26|日| ― 9.27|日|

 画像をクリック





終了した企画展


日本画協会作品展6月7日から7月19日
画像をクリック



企画展(歴史民俗資料館)

「児童生徒の俳句短歌作品展」
 内   容 三次市文化連盟主催の「みよし文化祭」に投稿された三次市内の
小・中・高校生の作品の中から入賞した作品88点を展示します。

 と  き 1月10日(日)から3月28日(日)まで





画像をクリック 銀山街道を往く一大森から吉舎宿・尾道ヘー
 大森銀山から三次・吉舎宿を通り尾道へとつながる銀山街道、とりわけ宿場町となった吉舎宿の往時の繁栄ぶりなどを「きさ・よいとこ発見隊」が収集した資料や活動の記録を展示し紹介します。
 と  き 10月11日(日)から12月20日(日)まで

画像をクリック


《懐かしき戦前の絵葉書展ー平和の願いー》
 三次市在住の写真愛好家田森孝仁氏が所蔵する写真絵葉書の中から戦前の活気に溢れた吉舎町の街並みや行事風景など約60点を紹介します
7月5日から9月27日


画像をクリック

ご案内

企画展について


企画展「佐々木一則 加納由美子二人展―きらめく幻光の刻―」で予定していた「もりみつ音楽隊」のロビーコンサートは新型コロナウィルスの感染拡大状況に鑑み中止としました。
森光氏から、次のコメントとともにコンサートでお披露目される予定だった新曲が届きました。
【森光さんのコメント】
コンサートで演奏予定だった新曲、♪2020春、先日伺った、写真家で登山家の谷本武志氏(カワイ)の写真をスライドショー付きで、YouTube公開しました!ご覧ください!

 

お知らせtopics

開館時間について


開館時間 10時〜17時
休館日 毎週月曜日(ただし祝日は開館)、12月29日〜1月3日。

◎料金について
  常設展   特別展
一   般  150円(120円)  400円(300円)
 65歳以上  無 料  300円(200円)
 高 校 生  無 料  200円(100円)
   ※中学生以下及び身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者
    保健福祉手帳をお持ちの方及びその介助者は無料
   ※( )内は20名以上の団体



所在地について


〒729-4211 広島県三次市 吉舎町吉舎546-1
電話番号:0824-43-2231 / FAX番号: 0824-43-2231
位置図(三次市HP)
         美術館あーとあい・きさ / 吉舎歴史民俗資料館。


新着情報news

2020年3月29日
ホームページを更新しました。